婚活男子の為の〝How to お見合い〟トーク編

こんにちは。

ウェリッジカウンセラーの鈴木里枝です。

前回の〝How toお見合い〟に続きまして今日はお席に着いてから

お見合い終了までについて書きたいと思います。

お席に着きましたら早速お飲み物を注文しましょう。

お相手へメニューを渡し選ばれたら、お自身もメニューを決めてお店の方を呼びます。

この時もTPOを考えて下さいね。

お見合い場所で多いのはホテルのラウンジです♪

ホテルのラウンジで大きな声で「お願いします」とかはあまり素敵ではありません。

お店の方も気にかけて下さってるかと思いますので、

近くに来た際に、視線をを合わせて少し手をあげるか、

聞こえるくらいのお声で「オーダーお願いします」っと言えば来てくれますよ。

(*ドリンクオーダーするのに必死になりすぎないで下さいね。)

お店の方を待っているあいだも、何気ない会話で場を温めて下さい。

 

さて、ドリンク注文が無事終わりましたらいよいよお見合いトーク開始ですね。

 

大切なのは常に笑顔☺️口角あげていきましょう!

そしてお時間は1時間程です。

楽しい雰囲気のまま次へ繋げられるようにあまりここで長時間拘束しないように気を付けましょう♪

 

お見合い後にお断りされる理由でよく伺うのは

『フィーリングが合わない』

ではこう言われない為にはどうしたら良いのか・・・。

フィーリングが合わないっとお相手が感じてしまうという事は、

お相手があなたに話を合わせてくれてたっと思ってください。

もしかしたら一方的に話しをしてませんか。

お相手も気持ちよくお話しが出来るように、しっかりお相手の目を見てお話に耳を傾けて下さい。

そして大切なのは、お相手の話しにうなずいて共感したり関心をしめす事です♪

緊張していると、ついつい一人でペラペラ喋ってしまったり、

お相手へ質問攻めになってしまいがちですので

そうならないよう気を付けましょう👆

お見合いを終える際も男性の方から「そろそろ」っとお声をかけて下さると良いですね。

お支払いは男性となりますので、

スムーズにお願いします。

この時お財布がボロボロだったりカードやレシートでパンパンに

なっている事がないようにしてくださいね。

そしてまたお会いしたい相手だったら、

お相手の素敵だなと思える点を伝えて「またお会い出来たら嬉しいです」

と言うような感じでしっかり想いも伝えましょう。

お返事は相談所を通してになりますので、早めにお返事をすると好印象ですよ!

上記の流れにつきましては

弊社会員様には(心配な方には)事前にロープレしますのでご安心下さい😄

相手の立場にたったトークをしてご縁をしっかり繋げていきましょう✨

 

本日も最後までお読みいただきましてありがとうございました。

次回もよろしくお願いいたします。

Follow me!